光で肌が老ける!シワやたるみを引き起こす「光老化」とは?

「光老化」という言葉をご存知ですか?
光老化とは、紫外線を長期間浴びることによって引き起こされる、シワやシミ、たるみなどの老化現象のことです。

紫外線にも種類がある

太陽光線は可視光線、赤外線、そして紫外線から成り立っています。

可視光線であるブルーライトも光老化の原因の一つとなりますが、最も大きな影響を及ぼすのが紫外線です。
紫外線にも種類があり、それぞれ作用が異なります。

A紫外線(UV-A)

UV-Aとは光老化の主な原因であり、メラノサイトに作用して肌を褐色にする日焼け(サンタン)を引き起こすものです。

UV-Aは波長が長いため皮膚の奥まで届き、真皮層で酵素を増やします。この酵素が肌の弾力を保つコラーゲンやエラスチンという繊維成分を壊すことで、シミやたるみが発生するのです。

さらに皮膚の細胞に深いダメージを与え、皮膚の免疫力までも低下させてしまいます。

B紫外線(UV-B)

UV-Bとは、表皮層でメラノサイトに作用し急激にメラニンを生成させることで、皮膚が赤くヒリヒリするような日焼け(サンバーン)を発生させるものです。

UV-Aと比べると波長は長くないので真皮層には届きませんが、コラーゲンを破壊する酵素の活性化させるため、シワやたるみの原因となります。

関連サイト:紫外線によるダメージ(光老化)|アンチエイジングネットワーク



今日からできる光老化対策

光老化は、長い時間をかけて徐々に進行するものです。
肌が老化する原因としては、日焼けや加齢よりも大きな原因であると言われています。

紫外線から肌を守る方法

紫外線は夏も冬も関係なく一年中降り注ぐため日常的に対策を行う必要があり、環境省が発行する「紫外線環境保健マニュアル2015」では以下の事項が推奨されています。

  1. 紫外線の強い時間帯を避ける
  2. 日陰を利用する
  3. 日傘を使い、帽子をかぶる
  4. 袖や襟のついた衣服で覆う
  5. サングラスをかける
  6. 日焼け止めを上手に使う

効果的な日焼け止めの使い方

多くの方が紫外線対策として真っ先に思い浮かべるのは日焼け止めではないでしょうか。

現在、非常に多くの製品が市販されていますが、選ぶ際のポイントとなるのは「SPF(サンプロテクションファクター)」と「PA(プロテクショングレイドオブUVA)」です。

SPFはUV-Bを、PAはUV-Aを防ぐ効果の大きさを表し、それぞれ最大でSPF50+、PA++++の製品が市販されています。

効率的に使用するために以下のことを確認しましょう。

    ☆UV-AとUV-Bの両方に効果があること
     UV-AとUV-Bは作用が異なるため、どちらにも有効なものを選びましょう。
    ☆しっかりと厚塗りする
     塗る量が少ないと、その日焼け止めの効果が十分に発揮されません。ムラなくしっかりと塗ることが重要です。
    ☆こまめに塗り直しをする
     日焼け止めが汗で流れたり時間が経過したりすると効果が薄れてしまうため、こまめに塗り直しましょう。



    日常の中で蓄積されたダメージが肌を老化させる「光老化」と、日常の中でできる対策をご紹介しました。
    毎日の紫外線対策をしっかりと行い、美しいお肌を守りましょう。