ほうれい線を出さない美肌づくり

自分でケア!ほうれい線に効く「三大美容成分」とは?

深く刻まれると、一気に老けて見られてしまう「ほうれい線」。
「このほうれい線さえなければ、もっと若々しく見えるのに...」と悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか?

とはいえ、エステサロンに通うお金や時間を捻出するのは、なかなか簡単なことではないですよね。
そこで、ここでは日頃のセルフケアでできる、ほうれい線対策のポイントを紹介します。


ほうれい線ができる原因は?

そもそもほうれい線は、どのようにしてできるのでしょうか?
まずは、その原因からみていきましょう。

ほうれい線はなぜできるの?

私たちの皮膚は、「表皮層」「真皮層」「皮下組織層」の三層構造になっています。 この三層のうち、ほうれい線ケアに深く関わるのが真皮層です。

真皮が健全に機能しているときには、肌の弾力やハリが保たれます。しかし加齢などにより、真皮の機能が衰えてしまうと肌がたるみ、ほうれい線ができやすく目立ちやすい状態になってしまうのです。

肌がたるむ3つの原因

肌がたるむ原因は加齢のほかに、乱れた食生活や紫外線、乾燥など日常生活で蓄積されるダメージが影響していると言われています。

そのため、加齢のせいと諦めずに、日頃の生活を見直てみることも大切です。



三大美容成分で、ほうれい線をなくそう!

一度できてしまったほうれい線でも、しっかりとケアすることで、目立ちにくくすることができます。

それでは、ほうれい線ケアにはどのような成分を取り入れるのが効果的なのでしょうか?ほうれい線に効果のある「三大美容成分」について、みていきましょう。

三大美容成分とは?

皆さんも一度は「三大美容成分」というワードを耳にしたことがあるかと思います。
3つの成分とは、肌の弾力を取り戻すコラーゲンとエラスチン、そして保湿力に優れるヒアルロン酸のことを指します。

先ほど肌の構造について触れましたが、三大美容成分と肌の構造は深く関わっています。
真皮は網目(ネット)状の構造になっており、その網目として活躍するのがコラーゲン線維です。このコラーゲンのネットを弾力性のあるエラスチン線維が支えることで、真皮は弾力を維持しながら表皮を支えています。

そして真皮の水分を維持しているのがヒアルロン酸です。このヒアルロン酸が、コラーゲンやエラスチンでできたネットのすき間にゼリー状になって存在することで、真皮は水分に満ちた状態を保つことができます。

では最後に三大美容成分が、ほうれい線のケアに役立つことが分かったところで、各成分の補給方法をみていきましょう。

三大美容成分を上手く取り入れるには?

三大美容成分が、ほうれい線のケアに役立つことが分かったところで、最後にこれらの成分の補い方をみていきましょう。

三大美容成分はどれも、加齢とともに体内で生成できる量が少なくなってきます。
そのため不足分を、食事や化粧品などで外部から取り入れることが大切です。

これらの成分は、肌に浸透しづらい性質を持っているので、新しく化粧品を購入する際には、浸透力にこだわった機能型のものがおすすめですよ。

ここまで自分でできる、ほうれい線ケアとして「三大美容成分」を活用するお話をしてきました。
肌の弾力やハリを取り戻すべく「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」を上手に取り込むことで、ほうれい線の改善を実感できると嬉しいですね。